資産運用を始めてみて分かる、節約の重要性について

お金の学び

はじめに

2020年、私にとって大きな変化を迎えた年でした。

その変化をもたらしたのが、「お金の学び」です!リベラルアーツ大学両学長を中心に学んでいます。

リベラルアーツ大学
リベラルアーツ大学は、人生を豊かにしていくために、自分らしい生き方とは何かを考え、ワクワクする生き方を求め、日々その生き方を実践しているメンバーのライフスタイルや考え方、実践方法などの情報を発信しているブログです。

きっかけは、日々の疑問「自分の理想とする姿になるためには、どのくらいお金が必要なのか?」からでした。

その後、FP相談を経て、お金の勉強をするようになりました。

銀行マンの友人、メインバンクだった銀行窓口、Youtubeチャンネルなどなど。

このブログも、その学びを経て開設をしました!

今回のテーマにした「資産運用をしてわかる節約の重要性」もこの2020年の出来事がきっかけで気づくことができました!

ではさっそく、まとめていきたいと思います!

お金のについて

まず、「お金」は、「モノやサービス」の対価として支払うものですよね?

要するに、「お金」と「モノやサービス」を交換しているのです!

今の世界経済は、私たちが生まれたときから、「お金」と「モノやサービス」の交換で成り立っています!

そんな生きていく上で切っても切り離せない「お金」なので、大切に扱っていきましょう!というのが大原則!

私自身、2020年の変化も「自分の理想とする姿になるためには、お金が必要だった」というのがありました。

お金が必要といっても、「豪遊」を想像していたわけではありません。

ごくごく一般的な暮らしを想像していました。ですが、そのごくごく一般的な生活にも、ある程度の「お金」は必要なのです。

そんな中で私が学び、実践した一つが、「つみたてNISA」いわゆる「投資」です。

この「つみたてNISA」をしてみて、改めて節約の重要性を感じました。

節約の重要性

キャッシュフローという考え方

キャッシュフローとは、読んで字のごとく

キャッシュ:現金

フロー:流れ

現金の流れです。

すごく時間と労力をかけて得た10,000円と

短い時間で効率よく得た10,000円は、キャッシュフローで考えたら、同じ10,000円です。

私が感じたことは、資材を投じて得た利益10,000円と

節約をして浮かせた10,000円は、同じ10,000円であるということです!

つみたてNISA

それでは、つみたてNISAについてです。

まず、「投資」について簡単に説明すると、「お金がお金をもたらすもの」です。

要するに、自分の身を使って(労働して)、お金を生み出すのではなく、

お金を使って、お金を生み出す。ということです。※もちろんリスク幅(不確実性の幅)は伴います。

実際、私が2020年7月からはじめた、「つみたてNISA」は半年後の2020年12月末には、こうなっていました↓

評価損益+22,146円となっており、資産合計は303,146円となっています。

これは、私の281,000円が、22,146円増えて303,146円になった。ということです。

詳しいまとめはこちらをご覧ください↓

2020年末、半年間の「つみたてNISA」実績を公開!右肩上がり中です!
はじめに私にとって、金銭面で大きく変化した2020年。そのうちの一部である「つみたてNISA」の運用実績をまとめていきます。半年間の運用実績となります!資産運用を知り、複数のコンテンツで勉強し、実際に始めた「つみたてNISA」。過去の記事で

一般的に、「つみたてNISA」いわゆる「投資」中でも「株式の投資信託」の運用益は、

20年30年の長期的に見て、平均して年間6%程度の運用益をもたらすと言われています。画像では7.3%。

長期的に見て、平均して年間6%程度」ということは、+20%になる年もあれば、-10%になる年もあるということです。これがリスク幅(不確実性の幅)は伴います。という意味です。

実際に「つみたてNISA」という制度を使って、「投資」での資産形成をしてみて、

22,146増えた」という考え方もできますが、反対に、「22,146円しか増えなかった」という考え方もできます。

節約

2020年、「つみたてNISA」ともう一つ行ったことがあります。

それは「固定費の見直し」です。つまり節約ですね!

そのうちのひとつが「楽天モバイルへの切り替え」です。

詳しくはこちらをご覧ください↓

楽天モバイルへ切替!年間支出60,000円削減に成功!注意点まとめ
はじめに「日本のスマホ代は高すぎる~」という米倉涼子さんのフレーズ。楽天モバイルのCMです。今回は、私が楽天モバイルへ切り替えたことをまとめていきます。楽天モバイル画像出典:楽天モバイルHPより※現在、300万名限定の1年間無料は終了し、3

私は、この「楽天モバイルへの切り替え」で年間60,000円の節約が見込まれました。

半年で30,000円節約となります。

「つみたてNISA」と「節約」の比較

つみたてNISAでは、半年で22,146円の+のキャッシュフロー(換金をした場合)

楽天モバイルでは、半年で約30,000円の+のキャッシュフロー

となりました。

また、つみたてNISAには、281,000円のお金を投じています。

ですが、楽天モバイルには、大きなお金は投じていません。

そして、どちらも手続きや初期設定は必要です。

今回の私の例でいえば、投資も節約も同じく+のキャッシュフローをもたらしてくれました。

ですが、「投資」には、マイナスになるリスクもつきます。

反対に「節約」にマイナスになるリスクはつきません。

小さいことかもしれませんが、節約も積もり積もれば大きなゆとりとなるのです!

考え方について

そして、節約の後押しとなるひとつのルールがあります。

それが「4%ルール」です。

配当や利子による配当金は保有資産の4%程度のキャッシュフローを毎年生み出すという考え方があります。

もし、年間10,000円の節約ができたなら、年間10,000円を生み出すために必要な金融資産額は250,000円です。

(計算式は、10,000円÷4%または、10,000円×25)

つまりその10,000円の節約によるプラスのキャッシュフローは、

苦労して投資してきた250,000円の投資商品から得られる10,000円の配当と同じだけの価値が有ると言えます。

※あくまで毎年のキャッシュフローという考えの元

もし、何か物を買う際、一度立ち止まってみてください。

そして、本当に必要なものなのか?と問いてみます。

さらに、その金額に25を掛けてみてください。その購入品を資産運用で得ようと思ったら、25をかけた額の金融資産が必要です。

そのくらい価値と比べてみてどうでしょうか?それでも必要だと思えば、本当に必要なものでしょう。少し迷うのであれば、本当に必要ではないものなのではないでしょうか?

まとめ

今回は、資産運用をしてわかるお金の価値をまとめてきました。

10,000円を得るのに必要な金融資産は250,000円です。

ですが10,000円節約することは、だれでもすぐにできます

キャッシュフローで考えれば、それは同じ10,000円です!

10,000円の節約には、250,000円の資産から得られる10,000円の配当と同じだけの価値が有るのです!

その節約の積み重ねを、金融資産に投資していけば、よりよい人生になっていくと思います!

「節約の重要性」感じられたのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました