キャッシュフロー計算書(C/S)とは何か??基礎知識を分かりやすく解説!

お金の学び

はじめに

以前にまとめた簿記3級合格の中で、簿記の目的である「日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能」について触れました。財政状態を明らかにするために、財務諸表について触れました。そのうちのひとつであるキャッシュフロー計算書についてまとめていきます。

【独学簿記3級合格】「そもそも簿記とは?」「簿記のポイント解説」
はじめに私は、無知識から簿記3級に合格しました!ですが、1回目は不合格で、2回目で合格しています。1度不合格だったからこそ、より為になる、分かりやすい解説になっていると思います!!なお、受験の経緯は、会社で配属された部署が経営にかかわる部署

貸借対照表についてはこちら↓

貸借対照表(B/S)とは何か??基礎知識を分かりやすく解説!
はじめに以前にまとめた簿記3級合格の中で、簿記の目的である「日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能」について触れました。財政状態を明らかにするために、財務諸表について触れました。そのうちのひとつである貸借

損益計算書についてはこちら↓

損益計算書(P/L)何か??基礎知識を分かりやすく解説!
はじめに以前にまとめた簿記3級合格の中で、簿記の目的である「日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能」について触れました。財政状態を明らかにするために、財務諸表について触れました。そのうちのひとつである損益

こちらを参照しています。

経理COMPASS:https://advisors-freee.jp/article/category/cat-big-03/cat-small-10/358/

キャッシュフロー計算書(C/S)

企業の現預金の流れと保有状況が分かる

期初から期末にかけて、「その企業の現金・預金がどれくらい増減したか」が分かります。

現預金(つまりすぐに使えるお金)がいくらあるかを図るための表です。

企業の営業活動はすぐに使えるお金(現預金)で行っています。企業に現預金が無くなれば支払いが滞り、倒産リスクとなります。

キャッシュフロー計算書は、企業の3つの活動に分けて記載されています。

その3つが「営業活動」「投資活動」「財務活動」によるキャッシュフローです。

それぞれの活動によって得られた「収入」から「支出」を差し引いて、手元に残る「現預金」を把握します。

現預金の状況と、どの活動によって増減しているかがポイントになります。

上画像では、「営業活動により増」「投資活動により減」「財務活動によって増」となり結果微増といった現預金の動きとなります。

営業活動キャッシュフロー(営業C/F)

営業C/Fは、本業の営業活動による現預金の増減が記されています。

例えば、「商品を販売して得た売上」や「材料の仕入れにかかった費用」「広告宣伝にかかる費用」などがあります。

営業C/Fがプラスの場合、本業によって現預金が回る状態にあり、順調な状態と言えます。

営業C/Fのプラスは、事業拡大のための投資の財源になったり、株主還元への財源となります。

営業C/Fがマイナスの場合、事業基盤の改善をしていく必要があります。

そして「投資活動」または「財務活動」でマイナスを補う必要があります。

投資活動キャッシュフロー(投資C/F)

投資活動キャッシュフローは、固定資産や株式などの投資による現預金の増減が記されています。

例えば、「事業拡大のための設備投資額」や「固定資産や株式の売却額」などがあります。

投資による現預金の増減なので、マイナスであるからダメという訳ではありません。

ポイントは、財源が「営業C/F」によるものなのか「財務活動C/F」によるものなのか?という点と、投資先の属性がどうなのか?という点です。

財務活動キャッシュフロー(財務C/F)

財務活動キャッシュフローは、借入金や返済による現預金の増減が記されています。

例えば、「借入金や返済による増減」「新株発行による資金調達」などがあります。

こちらも、何によって増減しているのかがポイントです。

まとめ

財務三表のひとつである「キャッシュフロー計算書(C/S)」についてまとめました。

  • C/Sは、企業の現預金の流れと保有状況が分かる表です。
  • 「営業活動」「投資活動」「財務活動」に部類され、それぞれの増減を見て判断ができる。
  • 営業C/Fは、本業による現預金の増減が分かる。
  • 投資C/Fは、投資による現預金の増減が分かる。
  • 財務C/Fは、資金調達による現預金の増減が分かる。
  • どの活動によって現預金が増減しているのかがポイントである。

企業の活動において現預金(すぐに使えるお金)がどのくらいあるか、どこからの現預金なのかは重要なポイントとなります。

お金が無ければ取引ができないため、現預金の枯渇は経営破綻に直結します。

キャッシュフロー(現預金の流れ)の把握は重要な財務諸表のひとつです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました