実際にあった企業面接「銃弾1発の凄腕スナイパー。屈強な男4人とどう戦う?」

あしあと

はじめに

今回は、私が友人から聞いた、実際にあった就職活動の企業面接の話についてまとめていきます!

これから就職活動を迎える学生転職を考えている人そうでない人もこんな質問があるんだ!と思える内容で、思考の幅も広がるかと思います!

その実際の質問は、タイトルにもありますが、逆境をどのように乗り越えるか?または想像力を図る面接内容です!

本記事を読みながら考えてみてください!

就職活動や転職活動での面接

まずは、そもそもの面接のについてまとめていきます。

面接と質問について

就職活動や転職活動での面接は、その人の人柄や経歴などを精査して、必要な人材か?マッチする人材か?を見極めるために企業が行うものです。

質問と回答を繰り返し、互いの合意・納得のもとに雇用関係が結ばれます。

この質問が今回のテーマとなります。主な質問は、その人の経歴等見える部分を聞く「一般的な質問」とその人の発想力や対応力をその場で図る「特殊な質問」の2つかと思います。

一般的なよくある質問

一般的なよくある質問は、その人の経歴等見える部分を聞く内容です。

例えば
  • 学歴・職歴等の経歴
  • 学生時代力を入れたこと/前職での職務内容
  • 志望動機
  • 長所・短所

このように、今までの経験にあるものなので、準備や対策をすれば回答が容易な内容です。また多少準備不足だとしても、経験の棚卸なのでその場でも話すことが可能かと思います。

特殊な質問

特殊な質問は、その人の発想力対応力をその場で図るための質問です。

例えば
  • あなたを動物に例えると?その理由は?
  • 1億円あったらどうする?その理由は?
  • ドラえもんの秘密道具をひとつ手に入れられるとしたら何を選ぶ?その理由は?

このように、「○○に例えると?」や「もし○○だったら?」や「こういう状況だったらどうする?」といったその場で考え、意見を述べる質問です。特殊な質問は、多岐にわたるので、準備や対策ではどうにも対処できません。

だからこそ、企業側は特殊な質問で、唐突な対応やその人の発想力など、仕事で活きてくる力を見極めています。

その他例(就職ジャーナル記事より)(「面接 特殊質問」などの検索でたくさん出てきます。)

友人から聞いた、実際に合った面接質問

ここからが、今回の本題です。上記で紹介した「特殊な質問」は想像の範囲なので正解はありません対応力と想像力を見極め、回答と納得できる理由を説明できれば問題ありません。(ただし、マーケティング職や企画職などのクリエィティブさが重要な場合は、斬新な発想をプラス評価される場合もあります。)

ですが、私が友人から聞いた、実際にあった面接質問は、限りなく正解に近い回答が存在する内容でした!

質問「銃弾1発の凄腕スナイパー。屈強な男4人とどう戦う?」

簡単な要約はタイトルのようになりますが、詳しい質問内容は以下のようになります。

質問内容詳細

あなたは、特殊調査員の凄腕スナイパーです。とある悪徳組織の潜入捜査に失敗し、格闘では絶対に勝てない屈強な男4人に囲まれています。

ですが、所持している銃には銃弾が1発しかありません。この状況で屈強な男4人とどう戦いますか?

※銃弾は1発、武器は無し、仲間に助けを求めても駆けつけるまでの間に殺されてしまう。このような状況であなたならどう戦いますか?

少し考えてみてください。

模範解答について

この質問は、おそらく正解(模範回答)のある質問だと説明しました。

模範解答

銃弾が1発ということは、自分しか知らない。

それぞれに銃口を向け、脅迫をする。

男Aと男Bを戦わせ、男Cと男Dを戦わせる(それぞれ殺させる)。

さらに勝った2人を戦わせる(殺させる)。

最後に残ったひとりを1発の銃弾で仕留める。

このように、銃口を向けてその場での立場を支配し、1対1の状況を作ることが、質問内容における模範解答と言えます。

発想について

このような発想力は、日常の様々なものに触れることで養われていきます。だからこそ勉強が大切なのです!

社会人の勉強事情:勉強し始めて変わったこと3選
はじめに私は、3年前に大学を卒業して社会人になり、淡々とした日々を過ごしていました。ふと将来どうなるんだろう?と想像し、FP相談とライフプラン作成をしてもらうことにしました。このあたりから、将来について考えることが増え、通勤時間でビジネス系

また、現在放送中の2021年春ドラマ『日曜劇場「ドラゴン桜」』でも「東大に行け」というフレーズのもと勉強の重要性をテーマとしています。

ドラゴン桜
「ドラゴン桜」の記事一覧です。

人は、頭にない事を考えることはほとんどありません。新しいものでも、何かの組み合わせからできています。この組み合わせによって発想は広がっていきます。

だからこそ、知ることは大切なのです!

こちらの記事(キャリch記事)にも、面接で変わった質問をする意図と質問例10選とその対策についてまとめられています。

まとめ

今回は、友人から聞いた「実際にあった就職活動の企業面接」をテーマにまとめました。

そもそも面接は、その人の人柄や経歴などを精査して、必要な人材か?マッチする人材か?を見極めるために企業が行うものです。主な質問は、その人の経歴等見える部分を聞く「一般的な質問とその人の発想力や対応力をその場で図る「特殊な質問の2つかと思います。

今回取り上げたのは「特殊な質問」です。また正解が無い「特殊な質問」が多い中で、模範解答が存在する質問を紹介しました。

このような面接に対応するのも、日常の様々なものに触れることで発想力を養っていくことが重要です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました