「何を喋れるかが知性で、何を喋らないかが品性」スピードワゴン小沢さんから学ぶ

思考の学び

はじめに

今回はタイトル通りのテーマです。お笑い芸人のスピードワゴン小沢一敬さんから学ぶ「何を喋れるかが知性で、何を喋らないかが品性」についてまとめていきます。

この当時や今となっても、Twitterで納得の声も多数あがった内容でした。そのため耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

その他ツイート

「スピードワゴン小沢一敬さんについて」「知性と品性について」としてまとめていきます。

スピードワゴン小沢一敬さんについて

人物

小沢一敬さん(Wikipedia参照)
  • 1973年10月10日生まれ(2021年5月時点で47歳)
  • お笑い芸人・Youtuber・俳優
  • お笑いコンビ、スピードワゴンのボケ

数々の番組に出演する人気お笑い芸人で、ロマンティックナルシストな言動をとることでも知られています。また、その発言がテレビなどのメディアに注目されることもあります。

人気バラエティ番組「アメトーク!」でも個人にスポットを当てた「小沢という変人」として放送され、当時最先端であったアーティスト「SEKAI NO OWARI」になぞらえて「SEKAI NO OZAWA」や「セカオザ」という愛嬌も生まれました。おそらくアメトークでの内容が小沢さんを1時間で知れるコンテンツかと思います。

アメトーク!の「小沢という変人」の回

放送は2015年以1月22日です。

画像出典:番組HPバックナンバーより
番組出演者
  • 徳井義実(チュートリアル)
  • 品川祐(品川庄司)
  • 松田大輔(東京ダイナマイト)
  • 小島よしお
  • 永沢たかし(磁石)
  • 大島麻衣
  • マギー

番組冒頭での今日の企画紹介で「SEKAI NO OZAWA」というネーミングにおいては「SEKAI NO OWARI」ファンからクレームが来るのでは??と番組MCの宮迫さんは言っていました。それに対し徳井さんは、世界観は似ていると返し、先行きが気になるオープニングでした。

また人物紹介では、過去のニセ企画で「言ったことのあるクリスマスっぽい一言」を求めらたときにイエスの生まれた日にノーと言わせない」という言動が取り上げられました。この言動は番組内での流行語大賞を受賞しました。

以降、小沢さんが登場し、面白おかしいやり取りエピソードトークが広がります。

単にロマンチストでナルシストではなく天然な部分や純粋な部分が見えるので、嫌みは見えず愛嬌が持てます。さらに名言や比喩表現がどんどん出てきて、発想力表現力に凄さを感じます。

気になる方は是非ご覧ください!

DVD35巻内容

運動神経悪い芸人

2014年12月30日 & 2015年1月15日 オンエア

ゲスト:高橋茂雄 (サバンナ) / 有野晋哉(よゐこ) / 後藤輝基(フットボールアワー) / 西田幸治(笑い飯) / 塙 宣之(ナイツ) /川島 明(麒麟) / 豊本明長(東京03) / 松尾陽介(ザブングル) / 村上健志(フルーツポンチ) / ミムラ / 金本知憲

ついつい食べ過ぎちゃう芸人

2015年10月15日 オンエア

ゲスト:小杉竜一(ブラックマヨネーズ) / 伊達みきお(サンドウィッチマン) / 江上敬子(ニッチェ) / 藤本敏史(FUJIWARA) /バービー( フォーリンラブ) / 斉藤慎二(ジャングルポケット) / 渡部 建(アンジャッシュ)

スーパーマリオ芸人

2015年6月25日 オンエア

ゲスト:有野晋哉 (よゐこ) / 博多華丸(博多華丸・大吉) / ヒャダイン / 井上 聡(次長課長) / 川島 明(麒麟) / バカリズム /小宮浩信(三四郎) / 河北麻友子 / 蛭子能収 / フジタ

小沢という変人 SEKAI NO OZAWA

2015年1月22日 オンエア

ゲスト:小沢一敬(スピードワゴン) / 徳井義実(チュートリアル) / 品川 祐(品川庄司) / 松田大輔(東京ダイナマイト) /永沢たかし(磁石) / 小島よしお / マギー / 大島麻衣

「何を喋れるかが知性で、何を喋らないかが品性」について

そんな名言や比喩表現のプロフェッショナルですが、とある番組での何を喋れるかが知性で、何を喋らないかが品性」というコメントがとても話題になりました。

この名言は、2つの場面で使われていました。

ザテレビジョンシネマ部より

映画好きでもある小沢さんですが、ザテレビジョンシネマ部で映画を紹介するコーナーがありました(2019年7月)。

取り上げた映画が2017年のタイの映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』でした。

小沢さんは、映画の感想から「特に最近、教養”というものについて考えてた時期だから、俺にとっては非常に興味深いテーマだった」とコメントしています。

その“教養”について、小沢さんが考える“教養”は?という深堀りに対してこう答えています。

小沢さんが考える“教養”は?

「まず、本を読んで得られるのが“知識で、“知識”が増えると話せる量が増えるでしょ。で、その“知識”を使って何をしゃべるかが“知性であって、逆に何をしゃべらないかが“品性だと思うの。例えば、知ってるからってベラベラなんでもしゃべるのは品がない。つまり、その“知性”と“品性”を両方兼ね備えた人こそが、“教養”のある人なんじゃないかと」

俺がTVでエピソード・トークをする時にいつも思うのは、“自分は常に被害者であり加害者でいよう”ということなのね。つまり、いつでも当事者として傷を受けていようと。単なる目撃者になって、遠くから人のことをワイワイ言うのは品がないと思うから。人のウワサ話で食ってるようなやつなんて大嫌い。

知識は大切である。その先にある「好む」「楽しむ」という次元について
はじめに「バビロン大富豪の教え」にもあるように「知識」はとても重要な財産となります。お金に関する知識はもちろん、その他教養においても選択肢を広げる可能性をもたらします。今回はこの「知識」において、孔子の言葉「之これを知る者は、之これを好む者

ワイドナショーより

TVメディアでもあるため、ワイドナショーでの印象の方が強いかと思います(2019年10月)。

スピードワゴン小沢一敬『ワイドナショー』での名言連発 ネットで話題に - エキサイトニュース
お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬が10月13日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。番組内で発した数々の“名言”がネットで話題になっている。同番組には久しぶりの出演となった小沢。...

このように複数のメディアにも掲載されています。

具体的な内容は、人身事故の現場でいきすぎたスマホ撮影が横行しているというニュースからでした。撮影することに対しモラルを中心にコメントされている中で、小沢さんは「何を喋れるかが知性で、何を喋らないかが品性だと思う。撮影したことではなく、それをSNSなどで広めることに品が無いと感じる。」とコメントしました。

これに対し、松本さんをはじめ周囲のゲストも「すごい良い事を言っている」と納得を見せていました。

学ぶことで知性を養い、どう扱うかを考えて品性を養う

この言葉や小沢さんのコメントにもあるように「知性×品性=教養のある人(魅力を感じる人)」かと思います。

日々情報をキャッチして学んで行動することで「知性」を養い、その得た知識をどう伝えていくか、どう発信するかを考えることで「品性」を養い、教養のある人に近づくかと思います。

何かを教えるにしてもすべてを与えてはいけないし、子どもの教育もすべて面倒を見ていてはいけないように、全てのことに繋がる教訓かとも思います。

何を言うか言わないか?何を教えるか教えないか?どこまで面倒見るか見ないか?この選択や考えられることが、人としての成長にもなるかと感じます。

まとめ

今回はお笑い芸人として活躍するスピードワゴン小沢一敬さんから学ぶ「何を喋れるかが知性で、何を喋らないかが品性」のテーマでまとめました。

小沢さんは、ロマンティックナルシストな言動をとることでも知られていて、人気バラエティ番組「アメトーク!」でも個人にスポットを当てた「小沢という変人」として放送されました!

ですが単に嫌なイメージがあるわけではなく、天然な部分や純粋な部分が見えるので愛嬌のある人物です。そんな小沢さんは、発想力表現力が豊かで名言や比喩表現がどんどん出てきます。

今回はその中でも「何を喋れるかが知性で、何を喋らないかが品性」というコメントにフォーカスしました。

小沢さんが考える“教養”は?

「まず、本を読んで得られるのが“知識”で、“知識”が増えると話せる量が増えるでしょ。で、その“知識”を使って何をしゃべるかが“知性であって、逆に何をしゃべらないかが“品性だと思うの。例えば、知ってるからってベラベラなんでもしゃべるのは品がない。つまり、その“知性”と“品性”を両方兼ね備えた人こそが、“教養”のある人なんじゃないかと」

俺がTVでエピソード・トークをする時にいつも思うのは、“自分は常に被害者であり加害者でいよう”ということなのね。つまり、いつでも当事者として傷を受けていようと。単なる目撃者になって、遠くから人のことをワイワイ言うのは品がないと思うから。人のウワサ話で食ってるようなやつなんて大嫌い。

いつでも当事者であるという自覚を持ち、知性と品性で物事を発言する教養が大切と思える内容となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました