インターネット契約はどこがいい?まとめ比較!そしてドコモ光を契約しました!

あしあと

はじめに

※2021年4月1日の一斉税込み表示化により、本記事でも全て税込み価格を表示しています。

インターネット契約で「ドコモ光」で契約をしました!今回はこの「インターネット契約」についてまとめていきます!

私事ですが、新居に引っ越して約3カ月が経ちました。

最近ではインターネット無料の賃貸物件も多い中、新居ではインターネットが個人で契約して環境を用意する必要がありました。(物件選びの際にあまり重要視していなかったので)

賃貸物件のポイントで触れているのでこちらもご覧ください↓

賃貸物件契約はご注意を!グレーだらけの賃貸物件契約における大切なこと4選
はじめに久しぶりのブログ更新!9月以来となりました。。。。というのも、賃貸物件の2年契約満了に伴い、新居を探していました。とにかくバタバタでした。そして賃貸物件契約のグレーな部分を知りました。参考になればなと思い、実体験をもとに賃貸物件契約

経験したことのある方は共感できると思いますが、インターネット契約はかなり複雑ですよね?

私も大学3.4年生で済んでいた物件は、個人で契約が必要だったので苦労したのを覚えています。

そこで、今回の契約で学んだことをまとめていきます。

インターネット契約の参考にしてみてください!

まずは、料金やサービスの比較だけざっとまとめたので下の表をご覧ください。

なんとなく月額5,000円くらいかかるんだな。と思っていただければと思います。

また諸費用には、オプションや工事割増(土日や時間指定)は含まれていません。

インターネットについて

ではまずインターネットについてです。

インターネットとは、世界中のコンピュータなどの情報機器を接続するネットワークです(総務省)。

インターネットがある状態(繋がっている状態)とは
  • 検索をして情報にアクセスできる
  • Youtubeやサブスクなど動画視聴ができる
インターネットがない状態(繋がっていない状態)とは
  • インターネットに接続できませんと出てくる
  • Youtubeやサブスクでの動画が流れない
  • スマホでいうと圏外の状態

インターネットのあるないは、情報の受信送信ができるかどうかの状態のこと。

どうやってインターネットに繋がる??

では、どのようにしてインターネットに繋がるのか?インターネットには2パターンの繋ぎ方があります。

インターネット繋ぎ方

●光回線(回線部分が有線
●モバイル回線(回線部分が無線

回線の部分が、物理的な線(有線なのか電波(無線なのかの2パターンです。

光回線はこうして繋がる

光回線は建物など固定の場所に有線でネット回線を繋いでいます。

建物まではこうして繋がっている

大きく分けるとこのような絵になります。

一部ネットページからとフリー素材で作成

家までインターネットを引っ張ってくるにはネット回線」と「プロバイダー」を契約する必要があります。

数年前は「ネット回線」と「プロバイダー」でそれぞれ別々に契約しないといけませんでしたが(料金もそれぞれ別で発生)、「光回線」によるコラボ光」にて「ネット回線」と「プロバイダー」をセットで契約できるようになりました(料金もまとめて)。

冒頭の表に上がっている4社も、「コラボ光」にて「ネット回線」と「プロバイダー」をまとめて契約でき、記載の料金となります。

建物内からはこう繋がっている

そして、家まで繋がったインターネットはこのようにして、PCやスマホなどの機器まで繋がります。

家まで繋がったインターネットは、「LANケーブル」を介して「宅内配線(ONU)」「Wifiルーター」と繋がっていき、Wi-Fi(無線)を拾って、またはLANケーブル(有線)を繋いで、PCやスマホなどの機器までインターネットが繋がります。

一連の繋がりはこんな感じ

インターネット

プロバイダー

ネット回線

宅内配線(ONU)

Wi-Fiルーター

PCやスマホ

モバイル回線はこうして繋がる

モバイル回線は、モバイルルーターやポケットWi-fiなど持ち運びできるものに無線でネット回線を繋いでいます。

線を使わずに電波のみでインターネットに繋げるために持ち運びに便利です。

光回線とモバイル回線の特徴

それぞれの特徴について簡単にまとめました。

光回線は、パワーがある分、動きができない。
モバイル回線は、動きに強い分、パワーが劣る。

以降は、今回行った「光回線でのインターネット契約」についてまとめていきます。

光回線でのインターネット契約について

物件によって2タイプ存在する

はじめに、物件によって2タイプの契約があります。

2タイプの契約

●ファミリータイプ(戸建て
●マンションタイプ(集合住宅

どちらも建物まで繋がったインターネットを使うので、ファミリータイプは家族で、マンションタイプは住人全員でシェアする形になります。

マンションタイプはインターネットを使う人が多い分、混雑時には速度が落ちますが、月額が少し安いといった違いになります。

集合住宅の賃貸物件の場合

不動産管理会社または大家さんに、インターネット回線タイプ開通工事について聞いておくとスムーズかと思います。

どこで契約するのがいいの??

はじめに結論ですが、一概にどこがいいとは言い切れません。なぜなら、居住地携帯電話の契約状況によって大きく変わってしまうからです。ですが選択肢としては、契約している携帯キャリアでのインターネット契約がオススメかと思います(理由は以下)。

●特に大きな要素は、携帯電話大手3キャリア(ドコモ光、auひかり、Softbank光)でインターネット契約をすると、契約者の家族内での携帯契約によって、携帯電話の利用料金が割引されるためです(スマホセット割)。

ドコモユーザー→ドコモ光
auユーザー→auひかり
Softbankユーザー→Softbank光

●その他の要素として、都度キャッシュバックキャンペーンなどが入れ替わるためでもあります。キャッシュバックなどのキャンペーンは契約時点で実施されていたラッキー程度がちょうどいいかと思います。

これらの結論をもとに、参考として料金比較をまとめました。

※なお、大手3キャリアについては例でドコモ光を上げています。細かい料金やサービスは異なりますが、スマホセット割は3社とも似た内容なので参考としてご覧ください(各社のセット割はこちらから:ドコモauSoftbank)。

※楽天ひかりについても、「楽天モバイル」を契約しているまたは、翌15日までに契約の場合での料金となります。

契約期間の解約金スマホ契約状況を踏まえて、ご検討の参考にしてみてください!

ドコモ光の選択から手順について

ドコモ光の選択について

では、実際の契約についてです!私は「ドコモ光」で契約をしました!

私自身は、楽天モバイルを使っていますが、同棲している彼女の家系がドコモユーザーであることと、携帯電話契約台数が多いことが理由で一番安くなるので「ドコモ光」で契約しました。

また賃貸物件ですが、ファミリータイプ(戸建てタイプ)での造りだったので以降はファミリータイプでまとめていきます。※マンションタイプ(集合住宅)でも月額料金が少し安くなるだけなので気にせず見ていただけると思います。

集合住宅の賃貸物件の場合

不動産管理会社または大家さんに、インターネット回線タイプ開通工事について聞いておくとスムーズかと思います。

2年間のシュミレーションがこちらです(新規契約の場合)。

楽天ひかり:総額 84,040円
NURO光 :総額 77,664円
スマート光:総額 137,940円
ドコモ光 :総額 140,580円

楽天ひかりのポイント

〇:1年間無料
△:楽天経済圏でのSPU+1倍はメリット(ただし楽天経済圏は改悪続き)
✕:3年契約が賃貸物件の2年契約と合わない
✕:ルーターとONUを別途用意する必要がある(所持していれば問題なし)

NUROのポイント

〇:1年間大幅割引
〇:ルーターとONUのレンタルを含めたプラン
△:対応エリアが少ない(居住地によっては契約できない)

スマート光のポイント

〇:ルーターレンタル代を含めても月額料金が2年目以降最安になる(長期で見ると最安)

ドコモ光(携帯大手3キャリア)のポイント

〇:ドコモ光セット割(スマホセット割)が半永久的に対象

携帯大手3キャリアの「スマホセット割は、離れている家族も対象になります。ドコモではギガホ契約で1,100円の割引が適用されます(各社のセット割はこちらから:ドコモauSoftbank)。

彼女の家系で4台のギガホ契約があり、プランは変更しないだろうとのことだったので月々4,400円の割引となります。
すると、実質となりますが月額1,320円となります。
なので、表の2年累計額は、【‐4,400円×24カ月=‐105,600円】となり、通常140,580円から割引適用実質34,980円となります。

現在のスマホ契約が、この対象になるかどうかで毎月1,100円の割引となるので、まずは契約しているキャリアから検討してみるのが良いのではないかと思います!

実際の手順

調べて決めた後は、申込→工事→開通となります!

まずは申込です!

ドコモ光お申込みページから「ドコモ光お申込み/ご相談フォームへ」をクリックします(それぞれのリンクからもアクセスできます)。

https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/consultation/?icid=CRP_HIKARI_application_to_CRP_HIKARI_consultation&dynaviid=case0004.dynavi
  • 受付内容の確認→お申込みにチェック
  • ご希望の手続き内容→ドコモ光を新たにお申込み(現在インターネット回線を利用していない)にチェック
  • ご契約者名(ドコモ携帯)→契約者名を入力
  • 携帯電話番号(ペア回線)→携帯電話の番号を入力
  • ご連絡先→連絡先を入力(後に契約の電話がかかってきます)
  • メールアドレス→メールアドレスを入力
  • 連絡希望日→平日、土日祝、いつでもから選択
  • 連絡希望時間帯(複数選択可)→希望時間を選択
  • 個人情報の取り扱いについて→同意するにチェック

確認画面へをクリックし、内容確認をして申し込み完了となります。

電話にて手続きの詳細確認

●電話にて手続き詳細の確認(住所確認や説明事項)があります。(私は日曜日の11時頃に申し込みをして、その日の19時頃に電話がありました。)
●また、プロバイダの選択もこの際に行います!(私はWi-Fiルーターが6.7年前に購入したものだったので、Wi-FiルーターとONUが無料でレンタルできる「GMOとくとくBB」を選択しました。)

工事日程の調整

●後日ショートメッセージにて工事日程の確認連絡が来るので、記載のあるショートダイヤルに電話をして、工事についての詳細を決めます。
●この際に、現状の回線状況や工事における詳細や説明があります。

無料レンタルルーターの選択

●さらに後日「GMOとくとくBB」からのショートメッセージにて、契約情報の入力と無料レンタルルーターを3種類から選択します。(スペックに大きな差はないのでデザインや好みの会社で良い)

新生活シーズンなど時期にもよりますが、1~2週間程度で工事日程を調整し、インターネット開通となります。

まとめ

今回は「インターネット契約」についてまとめました。

●そもそもインターネットってどうやって繋がるの?

一連の繋がりはこんな感じ

インターネット

プロバイダー

ネット回線

宅内配線(ONU)

Wi-Fiルーター

PCやスマホ

●実際のインターネット契約の比較

●私が「ドコモ光」を選んだ理由
⇒同棲している彼女の家系の状況から実質最安になるから

●「ドコモ光」の契約手順について
⇒ネット申込→電話確認→工事→開通となる。

これらを順にまとめてきました。

一番気になるであろう、「どこで契約したらいいの?」については、一概には言い切れませんが、携帯電話のキャリアによって決めるのがひとつの選択肢だと思います。

各々の状況を踏まえた上で、比較を参考に検討してみてはいかかでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました