【ゴルゴ松本さん「言葉」の成り立ちはスゴイ】五十音は「愛」で始まり「恩」で終わる

人生観

はじめに

今回は、タイトルにあるように「ゴルゴ松本さんの言葉」のテーマです。

ひとつの人生観としてご紹介していきます!

ゴルゴ松本さんは、日本のお笑い芸人であり、漢字研究家です(wikipediaより)。

特別番組「とんねるずのスポーツ王は俺だ!」のリアル野球BANでの印象が一番大きいかと思います。

画像出典:番組HPより

写真の前列一番左がゴルゴ松本さんです。

私は5年ほど前の特集で知った「少年院での命の授業」で関心を持ちました。話題になったのでこの印象がある方も多いかと思います。

今回は、この「命の授業」に関してまとめていきます。

ゴルゴ松本さんについて

簡単な経歴

まずは、ゴルゴ松本さんの簡単な経歴をまとめました(wikipedia参照)。

●1967年4月生まれ(2021年3月現在で53歳)
●埼玉県深谷市出身
●高校時代は埼玉県熊谷商業高校で甲子園出場を果たす
●1994年から芸能活動をはじめ、レット吉田さんとのコンビTIMのボケ担当
●代表的なギャグに体で字体を表現した「命」がある
●同期は、ロンドンブーツ1号2号さん、有吉弘行さん、小藪一豊さん、設楽統さん、など
●2011年からボランティアで、少年院での「命の授業」の活動を始める
●2015年上記ボランティア活動をまとめた著書「あっ!命の授業」を出版

お笑いの活動で、ボケやギャグの印象が強いですが、「漢字」や「言葉」の凄さについて研究するなど真面目な部分もあり、「命の授業」は熱量を感じ、心が動かされました。

実際の少年院での「命の授業」の特集はこちらからご覧ください(Youtube検索)。

「命の授業」のきっかけ

上記簡単な経歴にある「2011年からボランティアで、少年院での「命の授業」の活動を始める」についてです。

20年ほど前の「ゴルゴ塾」が始まりで、その後ブログで発信するようになり、2011年のボランティア活動と繋がっていったそうです(著書より)。

著書でも、冒頭に「同じモノやコトも角度を変えて見ると、違ったコトやモノに見えて、面白いですよ。」と記していました。

そのひとつがゴルゴ松本さんの中で「漢字」や「言葉」だったのです。

「命の授業」について

五十音は「愛」で始まり「恩」で終わる

日本語の五十音は「あいうえお」といったように「あい」=「」から始まります。

両親が「」で結ばれ、「」に包まれて、私たちが生まれているのです。

そして「わをん」といったように「をん」=「」で終わります。

最後は、一生に感謝し、「」をもって一生を終えます。

このように、日本語を構成する「五十音の並び」と「言葉」には奥深さを感じます。

「夢」の話

」と聞かれて、何を思い描きますか?

小さいころは、「プロスポーツ選手」や「芸能人」など華やかな「夢」がどんどん出てきます。

この「夢」を実現する人もいれば、実現できない人、方向を変える人がいます。

小・中・高生のなりたい職業ランキング!会社員がトップ!
はじめに今回は、小中高生のなりたい職業ランキングについてのテーマです!タイトルにもありますが、「会社員」がトップとなりました!ランキングについて●第一生命保険株式会社が毎年行っている「大人になったらなりたいものアンケート」の結果をもとにして

この違いはどこにあるのか?もちろん努力や信じ続けて行動するといった要素があります。

【映画えんとつ町のプペル】夢を持ち挑戦する人と現代社会の縮図
はじめに2020年12月25日公開「映画 えんとつ町のプペル」を観てきました。映画えんとつ町のプペルHP:絵本えんとつ町のプペル:とても感動!今の自分にとても刺さる内容でした!そんな「映画 えんとつ町のプペル」から学ぶことをまとめていきます

命の授業」では以下のように見ます。

「夢」を目指すとき、「壁」は必ずやってきます。うまくいくこともあれば、うまくいかないこともあります。

そんな時、私たちは様々なことを口にします。良い事(プラスなこと)悪い事(マイナスなこと)も。様々なことを吐いているのです。

そして、「夢」を実現する人は、行動が変わってきます。どのように変わってくるかというと、悪い事(マイナスなこと)つまり愚痴や諦めを口にしなくなっていきます。そして良い事(プラスなこと)つまりどうしたら成功するかなどを口にするようになります。

すると漢字はこのように変化します。

「叶う」という漢字になります。

「夢が叶う」人たちは、こうして様々な良い事(プラスなこと)を口にするようになり、悪い事(マイナスなこと)を取り払っていき「」えていくのです。

「ありがとう」の話

これは、私が一番好きな話です。

世の中には、人生には、「災い」「苦しい」「困った」など様々な嫌なこと」があります(災難、苦難、困難)。

このようなことが起きない人生を「難が無い」と書いて「無難な人生」と言ったりします。

「俺、私は無難な人生だ」と思う人もいると思います。ですが、人と比較したら「無難かもしれませんが、誰しも「苦難」「困難」「災難」を乗り越える経験が一度はあったと思います。つまり無難な人生」を歩む人はいません。

人は皆、「る人生」を過ごしています。「難」は嫌なことではありますが、「有難いありがたい人生」なのです。

そして、感謝する際に「ありがとう」と言いますよね?これも「有ることが難しいから有難うありがとう」というのです。それだけ尊い言葉が「ありがとうなのです。

「命」の話

ゴルゴ松本さんの有名なギャグ「

これは、1997年の新年に駅のホームで秩父山を目にしたときに「命」の文字が浮かび上がったそうです。

この「」は、分解すると「」「」「」となります。

「人が一生懸命に一つ一つ叩いているもの」は何でしょうか?

それは、「心臓の鼓動」です。この一叩きの連続が「なのです。

まとめ

今回は、ゴルゴ松本さんから「漢字」と「言葉」についてまとめました。

ゴルゴ松本さんは、日本のお笑い芸人兼漢字研究家で、お笑い芸人としてボケ担当の一面を持ちつつ、漢字」や「言葉」の凄さを研究しています。

この「漢字」や「言葉」を取り扱ったボランティアから「命の授業」が話題になり、書籍「あっ!命の授業」を出版しています。

漢字」や「言葉」の意味成り立ちはもちろん、先人たちの考えとしても取り上げていて、日本人の凄さも感じます。

今回はその中から、4つ取り上げて紹介しました。

ピックアップ

●五十音は「愛」で始まり「恩」で終わる
●「夢」の話
●「ありがとう」の話
●「命」の話

書籍では、「気」や「心」といった精神的な面や、「喜怒哀楽」といった感情的な面についても「漢字」と「言葉」の面から解説しています。

同じモノやコトも角度を変えて見ると、違ったコトやモノに見えて、面白いですよ。」のように、日本に生まれ、漢字とひらがなで成り立つ言語を使っているからこそ、その意味を考えて過ごせることで、もっと良い人生を過ごせると思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました