【所持必須】マイナンバーカード!保険証や免許証と一体化予定です!

あしあと

はじめに

2015年(平成27年)10月から住民票のある住居に発送された「個人番号通知カード」。

2016年(平成28年)1月から運用がスタートされている「マイナンバー制度」のためのものになります。

国民ひとりひとりに12桁の番号が与えられ(個人番号=マイナンバー)、様々な行政サービスで扱う個人情報をマイナンバーと紐づけて管理するための制度です。

面倒だった行政での手続きを、「マイナンバー制度」によって、「行政の効率化」「国民の利便性向上」「公平・公正な社会の実現」することを目指しています。

最近、「マイナポイント」や「健康保険証として使える」といった点で話題となり、私もカードを発行したのでその概要と、【所持必須】についてまとめていきます。

【追記】また、新たに「2022年度内予定でAndroid端末に搭載対応」「2024年度内予定で運転免許証との一体化」も計画されています!

マイナンバー制度

概要と目的

マイナンバー制度」は、「行政の効率化」「国民の利便性の向上」「公平・公正な社会の実現」を目指して導入された制度です。

日本にはな行政サービスがありますが、行政それぞれで国民の情報を管理していたため、行政サービスを受けるために複数の手続きを必要としていました。

その手続きを簡易化するために「マイナンバー」を与えて「マイナンバー」と紐づけて「マイナンバー」で管理する。といった方式となっています。

極論、マイナンバーカードでほとんどの手続きができます。

画像出典:内閣府https://www.cao.go.jp/bangouseido/

例えばですが、以下のような効果を発揮します。

画像出典:内閣府https://www.cao.go.jp/bangouseido/pdf/seido_beforeafter.pdf

制度概要の出典:https://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/01.html

使用用途

対応している行政サービスについては、「社会保障」「税金」「災害対策」に関する行政手続きにおいてマイナンバーを用いています。

「社会保障」における、健康保険、年金、雇用保険などや「税金」における、確定申告などが比較的頻度の高い項目かと思います。

画像出典:内閣府https://www.cao.go.jp/bangouseido/pdf/summary_siryou.pdf

その他、身分証明、オンラインでの取引、コンビニでの公的証明書発行などでも使用することができます。

マイナンバーカード

マイナンバー通知カードとマイナンバーカード

画像出典:内閣府https://www.cao.go.jp/bangouseido/pdf/summary_siryou.pdf

2015年10月から全国民に発送された「マイナンバー通知カード」(画像左の紙のもの)とその後の申請によって交付される「マイナンバーカード」(画像右のICチップ搭載のプラスチックのもの)が存在します。

マイナンバー通知カード」はマイナンバーの把握や身分証明の併用物として有効ですが、前述の制度を利用するには「マイナンバーカード」が必要になります。

メリット

●面倒な手続きがマイナンバーカード1枚で解決する。

行政サービスを使う際に非常に便利になります。

今後は「健康保険証」としての利用もできるようになりますので、カードの集約にもなります。

クレジットカード、キャッシュカード、健康保険証、運転免許証、マイナンバーカードという形で1人1枚所持が当たり前になってくると思います。【追記】「健康保険証と運転免許証はマイナンバーカードと一体化予定」「マイナンバーカードはAndroid端末に搭載予定」ということで、万能性がさらに高まっています。

●キャッシュレス決済との連携でポイント還元

Suicaなどの電子マネーやPayPayなどのペイメント決済で連携することで、5,000ポイントの還元が受けられます。

25%還元のポイントなので、20,000円のチャージに対して5,000ポイントが付与されます。(2021年3月まで→2021年9月まで延長)

私は、よく使う交通系のSuicaと連携して、3月で累計20,000円分チャージとなり、5,000ポイントを受け取りました!(毎回5,000円のチャージで1,250ポイントずつ付与されていました。)

Suicaとの連携は、JREポイントでの連携となります。

【モバイルSuica】合わせて使うべきサービス
はじめに以前に私が使っていて便利だと思いオススメとして紹介した「モバイルSuica」普段使っているスマホと連携して、スマホでピッと自動改札機を通ることができます!また、定期券の購入やICチャージをウェブで行うことができ、新学期のみどりの窓口

マイナポイント事業:https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/

マイナンバーカード申請方法

「マイナンバー通知カード」と同封されていた書類に記載されている「申請書ID(半角数字23桁)」が必要です。

ざっとした流れは、

①マイナンバーカード交付申請をする。(スマホ、PC、郵便、証明写真機)

②届いたはがきと必要書類をもって交付場所へ行く。

③交付場所で暗証番号設定をして交付される。

となります。

私はPCで交付申請をしました。

簡単に図解でまとめました。

画像出典:https://www.kojinbango-card.go.jp/

スマホ/PCによる申請(オンライン申請)

スマホとPCによる申請は、基本的に同じ操作なのでまとめます。

①オンライン申請サイトにアクセスhttps://net.kojinbango-card.go.jp/

 基本的に手順に沿って進めるだけです。

②メールアドレス登録

③登録したメールアドレスに送られたメールに記載されているページにアクセス

④顔写真登録

 スマホで撮影した顔写真またはあらかじめPCに保存しておいた顔写真をアップロードします。

⑤生年月日等の個人情報を登録

以上で交付申請は終了です。

約1カ月ほどで交付通知書(はがき)が送られてきますので、はがきに記載のある期間に交付場所へ行って手続きとなります。

所要時間は1時間程度でした。比較的混んでいたので、空いていれば20分程度で済みます。

郵便による申請

①「マイナンバー通知カード」に同封されていた「個人番号カード交付申請書」を記入します。

②記入した書類に顔写真を貼り付けます。

③同じく同封されていた「送付用封筒」に入れて、ホストに投函をします。

以上で交付申請は終了です。

「個人番号カード交付書」はこちらからダウンロードできます。

「送付用封筒」はこちらからダウンロードできます。

記入の詳細はこちらをご覧ください。https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse-yubin/

証明写真機による申請

対応している証明写真機が限られています。

株式会社DNPフォトイメージングジャパン:Ki-Re-iでの申請https://www.dnpphoto.jp/products/kirei/mynumber/

日本オート・フォート株式会社:Photo-Meでの申請http://www.pmi.co.jp/personal/mynumber/index.html

冨士フィルム株式会社:証明写真ボックスでの申請https://www.fujifilm.com/jp/ja/consumer/photoprinting/photo-box

「個人番号カード交付申請書」の「申請用QRコード」が証明写真機内で必要となります。

①「個人番号カード交付申請書」をもって対応している証明写真機へ行く。

②証明写真機のマイナンバー交付から進めていく。

③QRコードを読み取る。

④写真撮影をする。

以上で交付申請は終了です。

まとめ

以上「マイナンバー制度」と「マイナンバーカード」についてまとまました。

マイナンバー制度」は、「行政の効率化」「国民の利便性の向上」「公平・公正な社会の実現」を目指して導入された制度です。

マイナンバーカード」は、マイナンバー制度を使うために必要なICチップ搭載のプラスチックカードです。

「マイナンバーカード」によって「マイナンバー制度」を活用することができ、行政サービスの手続きの簡易化や、身分証明書としての使用、コンビニで公的証明書の発行などに使用されます。

また、2021年3月(予定)から「健康保険証」としての利用も可能になります。

今後も様々な「社会保障」「税金」「災害対策」に関するものと連携されていくことが想像されます。

2021年3月まで(2021年9月までに延長)であれば5,000ポイントの還元もあるので、今後のためにも早めの申請をし、マイナンバーカードを所有しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました