【日々疲れている人必見】気持ちが楽になる?!80:20の割合(パレートの法則)

人生観

はじめに

今回は、ひとつの思考法として「パレートの法則」を紹介します。

タイトルにもありますが、80:20の法則とも言われています。

私も実際にこの法則を知り、日々の仕事を気楽に考えられるようになりました!

そんな日々思考や対策を切り詰めて時間を使っている仕事で疲れている人には、気持ちが楽になるパレートの法則」をまとめていきます。

こちらを参考にしています。

パレートの法則(80:20の割合)

パレートの法則とは?

タイトルとはじめにでなんとなくイメージできるかと思いますが、「ある事象が80対20の割合で成り立っている」という法則です。

【マーケティング用語】パレートの法則とは? | BtoBマーケティングラボ| BtoBマーケティングラボ
パレートの法則は、営業やマーケティング戦略、経営・事業戦略を立案する際に活用することができます。 また、このパレートの法則に関連して、Webで物品を販売したり、SEOを行うときには、「ロングテールの法則」が使えます。 今回は、パレートの法則とロングテールの法則の定義と活用方法を解説します。

1896年にイタリアの経済学者 ヴィルフレド・パレートが論文で提唱した、「物事を構成する要素が全体に占める割合は偏りがあり、複数要素のうち一部で全量の大部分の割合が占められている」という考えです。

世の中の出来事のほとんどは不思議とこの法則にあてはまっています。

ビジネスやマーケティングでも使われている考え方になります。

※マーケティングとしての考え方は本題とは反れるのでサラッと、「8割はどういう属性なのか、2割はどういう属性なのか、それぞれどういった手法で売り込むのが効果的か」を戦略立てるために用いられます。

例えば

例えを交えて説明した方が理解しやすいかと思いますのでひとつ例を挙げます。

テスト勉強を10時間して、100点を取ったとします。

この場合、100点の内8割に当たる80点は、10時間の内の2割に当たる最初の2時間の勉強時間で抑えている。

点数の残り2割に当たる20点は、勉強時間の残り8割に当たる8時間で抑えた。

結果10時間の勉強時間で、100点を取った。という考え方です。

100点をとるためには、「そこ出る?!」のような問題や教科書で太字になっていないところまで抑える必要があるのです。

皆さんもご経験があるのではないでしょうか?

実際私の仕事でも、経営状況の月次報告をしていましたが、費やした時間の2割で、最終的に仕上がった内容の8割程度が出来上がっていました。

そして、報告の時間も限りがあるため、報告内容も8割の要点を簡潔に説明し、残りの2割の要点はその他諸々というまとめ方でした。

ここで、パレートの法則に当てはめ、突き詰めることに労力を費やしても割に合わないと考えて、時間の2割と内容の8割を意識し、非常に気持ちが楽になりました。

他にも、

  • 売上の8割は、全体の2割の製品で占めている
  • 世界の資産のうち8割は、全体の2割の人で占めている
  • ウェブページのアクセス数の8割は、全体の2割のコアなファンによるアクセスが占めている

などがあります。

8割の成果を生み出す2割に注力しよう

このパレートの法則にで得たことは、「8割の成果を生み出す2割に注力しよう」という点です!

テストで100点をとるのに10時間を要するのであれば、最初の2時間の勉強時間による時間成果は1時間当たり40点です(点数80点÷2時間=40点)。その後8時間の勉強時間による時間成果は1時間当たり2.5点です(点数20点÷8時間=2.5点)。トータル1時間当たり10点(点数100点÷10時間=10点)となりますが、時間と成果の効率を考えると、「8割の成果を生み出す2割に注力しよう」という考え方が理にかなっていると思います。

もちろん、ミスが許されないなどの場合は、この考え方で行うと危険なので、状況を判断して、取り入れられる場合には取り入れると、切羽詰まった人生やパニックになる人生を避けられると思います。

まとめ

今回は、「パレートの法則」についてまとめました。

「パレートの法則」は、「ある事象が80対20の割合で成り立っている」という法則です。

世の中の出来事は、不思議とこの「パレートの法則」にあてはまります。

日々の仕事で「切羽詰まっている」「戸惑うことが多い」といった場合は、成果を出すための単価が悪いところにまで神経を注いでしまっているかもしれません。

そんな時は、一度「パレートの法則」で考えてみて、「8割の成果を生み出す2割に注力しよう」という意識で取り組んでみてはいかがでしょうか?

きっと気持ちが楽になるはずです!

そして「残り2割の成果は、割に合わない」と気楽に考えてみてはどうでしょうか?

力を注ぐ部分と、力を抜く部分を考えて、効率よく!でもトータルで考えることを忘れずに!

考え方 | nのあしあと【経済的自由への歩み】
自由に生きる未来への日々の歩み

コメント

タイトルとURLをコピーしました