損益計算書(P/L)何か??基礎知識を分かりやすく解説!

お金の学び

はじめに

以前にまとめた簿記3級合格の中で、簿記の目的である「日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能」について触れました。財政状態を明らかにするために、財務諸表について触れました。そのうちのひとつである損益計算書についてまとめていきます。

【独学簿記3級合格】「そもそも簿記とは?」「簿記のポイント解説」
はじめに私は、無知識から簿記3級に合格しました!ですが、1回目は不合格で、2回目で合格しています。1度不合格だったからこそ、より為になる、分かりやすい解説になっていると思います!!なお、受験の経緯は、会社で配属された部署が経営にかかわる部署

貸借対照表についてはこちら↓

貸借対照表(B/S)とは何か??基礎知識を分かりやすく解説!
はじめに以前にまとめた簿記3級合格の中で、簿記の目的である「日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能」について触れました。財政状態を明らかにするために、財務諸表について触れました。そのうちのひとつである貸借

こちらを参照しています。

経理COMPASS:https://advisors-freee.jp/article/category/cat-big-03/cat-small-10/358/

損益計算書

特定期間の企業の「経営成績」がわかる

※この記事では、「特定期間」を1年間として進めていきます。

今年1年間で、どれくらい売上があったか、どれくらい利益が出たかをまとめた表です。

儲かったのかどうかに関する情報をまとめたものが損益計算書です。

左右の枠があり、左側に費用、右側に収益が記されています。(会計用語では、左側を「借方」右側を「貸方」と呼びます。)

「収益の部」「費用の部」で成り立ちます。

差分が「利益」または「損失」となるため、左右の枠の金額が一致します。

基本的に「収益の部」と「費用の部」から構成され、その差分によって1年間の経営成績が利益(黒字)となったのか損失(赤字)となったのかが分かります。

収益の部

この1年間でいくらの売上があったか。が示されています。

事業として行っている商売上発生した純粋な売上の他に、

事業外で発生した収益(株の売買など)や特別なことから発生した収益(事業の売却など)もあります。

分解すると上図のような構成になります。

費用の部

この1年間でいくら費用が発生したか。が示されています。

商売を行う上で伴って発生する食材費や従業員の人件費などが該当します。

費用の部でも、収益の部同様に、事業外で発生した収益(株の売買など)や特別なことから発生した収益(事業の売却など)もあります。

分解すると上図のような構成になります。

損益計算書まとめ

以上「収益の部」と「費用の部」をまとめると以下のようになります。

収益の部 > 費用の部 = 当期純利益

収益の部 < 費用の部 = 当期純損失

という構造になります。

5つの利益

損益計算書では、最終的に「この1年間で儲かったのかどうかに関する情報」を知ることができます。

そして、「収益の部」「費用の部」でそれぞれ内訳があることを話しました。

この分類によって「儲かったかどうか」つまり利益については、5つの利益が存在します。

  • 売上総利益
  • 営業利益
  • 経常利益
  • 税引前当期純利益
  • 当期純利益

内訳による段階的な利益となります。

売上総利益

売上 - 売上原価 = 売上総利益

業種や業態によって利益率が異なる。

通常のやり取りにて得られる利益であり、粗利と呼ばれる。

営業利益

売上 - 売上原価 - 販管費 = 営業利益

売上総利益からさらに販管費を差し引いたもの。

販管費:維持管理や販売促進によってかかる費用

本業の儲けがどのくらいあるかが分かる。

経常利益

売上 - 売上原価 - 販管費 - 営業外での損益 = 経常利益

営業利益からさらに営業外での利益を差し引いたもの。

営業外での利益:営業外費用と営業外収益の差分。株の売買等による本業以外での損益

会社の実力が反映される利益と言われています。

税引前当期純利益

売上 - 売上原価 - 販管費 - 営業外での利益 ー 特別な損益 = 税引前当期純利益

経常利益からさらに特別な利益を差し引いたもの

特別な損益:特別損失と特別利益の差分。事業の売却等による特別な事柄での損益

税金以外の1年間の全ての事柄が反映されている。

当期純利益

売上 - 売上原価 - 販管費 - 営業外での利益 ー 特別な損益 ー 法人税等 = 当期純利益

税引前当期純利益からさらに法人税等の税金を差し引いたもの

法人税等:会社の所得に応じてかかる税金

税金も加味した1年間すべての営業成績。

まとめ

今回は財務三票のうちの損益計算書についてまとめました。

損益計算書は、

  • 「収益」「費用」から構成される。
  • 差分が「利益」または「損益」となる。
  • 「収益」は、企業の売上に関係する項目が記されている。
  • 「費用」は、発生した費用に関係する項目が記されている。
  • 5つの利益があり、内訳によって段階的に意味合いが変わる。

企業の「営業成績」を知ることができます。

5つの利益は、

  • 売上総利益ー商売としての利益
  • 営業利益ー事業としての利益
  • 経常利益ー会社としての利益
  • 税引前当期純利益ー税金以外の利益
  • 当期純利益ーすべての事柄を加味した利益

コメント

タイトルとURLをコピーしました