はじめての投資!今までの学びをもとに「つみたてNISA」始めました!

実践

はじめに

これまで、学びを記事にしてきました。

約3カ月間、FP相談やYoutubeや友人から学び、1歩踏み出した「つみたてNISA」についてです!

FP、Youtube、友人の3者から学び、以下の「投資について」「経済について」といった学びから、まずは「つみたてNISA」を始めたほうがいいと思ったので始めました!!

「3つのお金の種類」と「投資とギャンブルは違う」について
はじめに今回は私がお金について学んだ第一歩についてです!FP相談でキャッシュフローを作成してもらい、希望だけではお金が足りないと知り、資産形成の一部を教わりました。無料FP相談:マネードクター今回は、時間軸で「お金は3つの種類があること」に
投資の鉄則!「資産分散」と「時間分散」による「リスクの分散」について
はじめに前回は、「3種類のお金」と「投資とギャンブルは違う」という点から生活防衛資金を確保しつつ、余剰金を投資に回して、お金を増やす!ということについてまとめました。今回は増やしていくための鉄則であるリスクの分散について書いていきます!では
投資の鉄則Part2!「経済成長」と「複利の力」を活かす「長期投資」について
はじめに前回引き続き、私が学んだ「投資の鉄則」の第2弾です!!前回は、リスク分散として「資産分散」と「時間分散」についてまとめました。今回は、時間分散でもある長期投資 について「経済成長」と「複利の力」の観点でまとめていきます!経済動向まず
実は普通預金も投資の一種!その他投資の金融商品ってどんなものがある??
はじめに以前につみたてNISAでの資産運用(投資信託)を始めたことについて触れました。今回は、●そもそも金融商品ってどんなものがあるの?●オススメの金融商品は?についてまとめていきます!金融商品ってどんなものがある?金融商品① 預金え!?と
これからのインフレリスク!インフレの物価上昇とデフレの物価下落について
はじめに今回は、インフレリスクについての学びをテーマに書いていきます!これは私が資産運用についいて勉強し始めたころ、金融商品の利回りを知り、加えて学んだ内容です!銀行預金を投資に回していこうというきっかけの一つになったので紹介したと思います

つみたてNISA

そもそも「NISA」とは、少額投資非課税制度です!

私は、「といわれても、、」と思ったので、少額投資非課税制度に分けて考えました!

少額投資

読んで字のごとく、少額で始められる投資信託(金融機関によりますが100円からでも始められます)

非課税制度

通常の投資から得た利益は税金の対象となりますが、NISAで得た利益は一定期間税金の対象とならない

少額で始められて、利益が税金の対象とならない投資信託」です!

2014年より、国が始めた制度で、個人で所有していて眠っているお金(預貯金)を動かすために始まったと言われています。

またNISAには、「一般NISA」と「つみたてNISA」と「ジュニアNISA」が存在します。

つみたてNISAと一般NISA

基本的には、証券会社や銀行などの金融機関で口座を開設し(証券口座)、証券口座で非課税枠を使える口座を開設して(NISA口座)取引をします!

上図にあるように、NISA口座では、「つみたてNISA」と「一般NISA」があり(ジュニアNISAは未成年口座のため上図では省いています)どちらか一方しか選択できません。

私は、つみたてNISAを選択しました!

つみたてNISA選択理由

①年間40万円の上限は、月33,333円なので毎月コツコツやりやすい
②非課税期間が長く、投資の鉄則で学んだ長期投資に向いていると思った
③取り扱い投資商品が金融庁が認めた商品のみ

つまりは、パーフェクトだと思ったからです!!

POINT

①毎月の自動積立で、時間分散(掛ける時間を考えなくていい)!
②金融庁の厳しい基準をクリアしたの商品のみ(比較的安全な投資)!
③投資信託(詰め合わせパック)なので、ある程度リスク分散が効いている!
④さらに運用益は20年間非課税

まさに初心者のための投資!だと思いました!

具体的な手順

手順
  1. それでもまずは勉強!!
  2. 銀行・証券口座の開設
  3. NISA口座の開設
  4. ファンド(投資先商品)の選択

1.それでもまずは勉強!

それでもまずは勉強が大切です!

例えば、あなたの前にこんな選択があったとします。

AAA社の株式100万円

Aさん:今はAAA社に投資をした方がいい。しないと損をする。
Bさん:今はAAA社には投資しない方がいい。すると損をする。

という真逆のことを教えてくれる2人がいます。

●直後にAAA社がヒット商品を出し、株価が跳ね上がったとき、
Aさんを信じて儲けられた⇒自分の責任
Bさんを信じてチャンスを逃した⇒自分の責任

●直後にAAA社が経営難により倒産したとき、
Aさんを信じて損をした⇒自分の責任
Bさんを信じて危機回避できた⇒自分の責任

どんなときでも、自分の責任なのです。それぞれAさんBさんに責任転換しても、逃したチャンスは掴めないし、失った資産も取り返せません。

だからこそ、自分でも調べて、学んで、本当にイイ!やるべきだ!と思ったら始めてください!

私も友人にそう言われました!友人でも信じてはいけないんですね(笑)

だから私はFP、Youtube(複数のチャンネル)、友人、銀行など複数の知識ある人に話を聞きました!

そうして全員が共通して言っていることは信ぴょう性が高い、そして反対意見も調べてどちらが納得できるか。そのうえで判断しましょう!

2.証券口座の開設

どの金融機関で証券口座を開設するか?

「1.それでもまずは勉強!」を経て、やるとなったら次は証券口座の開設です!

証券口座は富への入り口と言われているほど重要な口座です!(お金がお金を増やす仕組みに投資する第一歩)

では、実際に証券口座の開設です!ここで「1.まずは勉強が活きてきます!

それは、銀行、証券会社、ネット証券どの金融機関で証券口座開設をするかです!

私は、いい話を聞いたと思い「はやく始めたい」「やりながら勉強だ」と思い、普通預金口座を持っている銀行窓口で口座開設しようとしていました。

ですが、複数の知識ある人の話で、ネット証券が手数料の面で圧倒的に安いことが分かりました!(その理由は人件費!銀行窓口や証券会社に比べてネット証券は人件費が圧倒的にかかっていません)

 Youtube大学でも中田敦彦さんが「手数料ハンター」とおっしゃっていました(笑)

Youtube大学より

私は結果として、楽天証券で口座開設をしました!

選んだポイントとしては、楽天経済圏(様々な楽天サービスを利用することでポイント還元面でお得度が増す)というものを知ったためです!

楽天経済圏については、別記事にします!!!

楽天経済圏へ移行中です!楽天経済圏とは?メリットについて
はじめに今回は私が実践している楽天経済圏について書いていきます!楽天経済圏とは、簡単に言うと、日常生活をできるだけ楽天サービスに集約して生活する。というものです!「た~め~る~なら、ラララ楽天ポイント~、あ~楽天ポイントパンダフル!!、つ~

楽天証券を選択

楽天証券で口座開設するには、楽天銀行の預金口座も必要だったため、

銀行口座の開設と同時に証券口座も開設する」を選んで手続きしました!

 

コロナ禍真っただ中で、世間の株に対する関心が高まっていたこともあり、5月上旬に口座開設の申し込みをして、書類送付や処理に1カ月近くかかり、7月1日の買い付けがスタートとなりました!

3.NISA口座の開設

証券口座開設後に、マイページからNISA口座の開設を行います!

4.ファンド(投資商品)の選択

「2.証券口座開設」「3.NISA口座開設」が済むと取引可能となります!

ファンドを選び、それぞれ毎月いくら積み立てるかを選択します!

つみたてNISAの年間非課税枠は40万円なので、33,333円の上限が設定されています!

33,333円 × 12カ月 = 399,996円

なので厳密には40万円じゃなんですね(笑)

私は、10,000円、10,000円、5,000円、5,000円、3,333円で5商品に投資しています!

追記:現在は、当初から割当を変更し、10,000円、10,000円、7,333円、3,000円、3,000円で同じ5商品に投資しています!

投資信託なので、1商品(ファンド)でもある程度分散が効いているので問題ないと思いますが、気になった商品が複数あったので刻んで買っています(笑)

買付方法ですが、楽天銀行引き落としの楽天カードで支払いをしています!

買付方法

買付方法ですが、楽天銀行引き落とし楽天カードで支払い(上画像真ん中右寄りの「引落方法」がクレジットカード決済となっている)をしています!(オススメです)

理由は、
楽天カードの毎月の取引額の上限が50,000円ですが、つみたてNISAの毎月の上限が33,333円なので範囲内であるから。
②33,333円の投資信託の購入で1%の333ポイントが貯まるから。
③楽天市場でのお買い物でポイント還元率が1%アップされるから(つまりSPU対象)。

ポイント利用設定

ポイント利用設定ですが、毎月1ポイントに設定しています!(オススメです)

理由は、
●楽天市場でのお買い物でポイント還元率が1%アップされるから(つまりSPU対象)。

SPU対象についてはこちらをご覧ください!

楽天経済圏へ移行中です!楽天経済圏とは?メリットについて
はじめに今回は私が実践している楽天経済圏について書いていきます!楽天経済圏とは、簡単に言うと、日常生活をできるだけ楽天サービスに集約して生活する。というものです!「た~め~る~なら、ラララ楽天ポイント~、あ~楽天ポイントパンダフル!!、つ~

まとめ

今回は、私の実践編第1弾として「つみたてNISA」をテーマにしました!

まずは、学ぶこと、そして調べること!

私自身「つみたてNISA」は第一歩としてオススメをします!

オススメ理由

小額から投資できる
リスク分散(資産と時間の分散)ができている
長期投資ができる
④運用益が20年間非課税
⑤自分のお金だから関心を持つ

実際に、会社のお昼休みに同期にこの話をしたところ、その同期も楽天証券でつみたてNISAを始めました!

資産形成、投資の第一歩は「つみたてNISA」をオススメします!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました